激安通販サイトのイーサプライ本店

イーサプライ本店 - esupply.co.jp

単一指向性マイク搭載の片耳タイプのBluetooth5.0搭載のヘッドセット。設置と充電が可能なスタンドもついています。パソコンでもスマホでもタブレットでも使用可能です。

ヘッドセット(Bluetooth・片耳タイプ・充電クレードル付き・軽量・単一指向性マイク・ブラック)

使わない時は充電クレードルに置いて片付けることができる。単一指向性マイク搭載。

商品型番:MM-BTMH57BK

希望小売価格 : ¥7,920(税込) 16% off

¥6,580(税込)

法人会員価格:¥6,251(税込)

  • 在庫状況:予約販売
  • ポイント: 65ポイント
●周囲のノイズを拾いにくい単一指向性マイク搭載のヘッドセットです。
●フレキシブルマイク搭載でマイク位置を自分のお好みの位置に調整できます。
●クレードル付きで、使わない時はクレードルに置いて充電することができます。
●やわらかいイヤースポンジで耳への負担を軽減します。
●片耳タイプなので装...
詳細をもっと見る

予約注文

見積書を発行する

お見積書発行

※複数品目の見積書発行をご希望の場合は、商品をすべてカゴに入れた状態で
「見積書を発行する」ボタンを押してください。

▼会員の方はこちらへ

※会員様か否かで見積金額が異なる場合がございます

▼非会員の方はこちらへ

お見積書の宛先をご記入ください

 様

お気に入りに追加

関連カテゴリを見る

おすすめの特集

ヘッドセット(Bluetooth・片耳タイプ・充電クレードル付き・軽量・単一指向性マイク・ブラック) MM-BTMH57BK

手ぶらで電話対応 充電スタンド付きワイヤレスヘッドセット

Bluetooth5.0

・連続使用最大11時間 ・単一指向性 ・Win/Mac対応 ・ヘッドセット重量51g

有線タイプのヘッドセットだと 不便なときも… 受話器を持つと疲れる 片手しか使えない・ケーブルが邪魔・移動する時にいちいち外すのが面倒

ワイヤレス接続のヘッドセットでケーブルから解放!

両手が解放され、パソコン操作もスムーズに。
通話中にデスクから離れても会話をそのまま続けることができます。

デスクワークも 席を立っても

充電+設置可能なスタンド付き

ヘッドセットを置くだけで、簡単に充電できます。
通常のヘッドセットは、置く場所に困ることがありますが、設置+充電とダブルで使えるので、置き場所にも困りません。

置くだけで充電

使わない時はクレードルで充電ができ、必要な時にすぐに使えます。充電し忘れ防止にもなります。

スタンドにも

スタンド代わりにもなるので、別途スタンド要らず。また使い終わったら設置できるので、常時使用の
不快感もありません。

便利な2Way充電/1Way 充電用クレードルで充電/2Way ヘッドセットの充電ポートで充電

充電用クレードルだけでなく、付属の充電用USBケーブルをヘッドセットのUSBポートに直接接続することで充電も可能です。またLED表示で充電状況も確認できます。

安定した通信のBluetooth 5.0に対応

最先端の技術Bluetooth 5.0を搭載しています。省電力に加え、通信距離も理論値10mまで対応、
デスク周りであれば、歩いたりしても問題なく使用が可能です。
またBluetooth環境であれば、専用ソフトなどは不要です。

Bluetooth 5.0に対応

Bluetooth接続だから スマホ・タブレットでも使える

スマホで・タブレットで

長いバッテリー駆動時間 連続通話約11時間/連続音楽約10時間/連続待ち受け約200時間

便利な2Way充電/1Way 充電用クレードルで充電/2Way ヘッドセットの充電ポートで充電

一般的に1日の業務時間は、約8時間です。
約11時間連続使用可能なので、1日中仕事をしてもバッテリー切れの心配はありません!!

使う人を選ばない右耳・左耳にも対応

マイク部分が、約260°回転するので、右・左どちらにも取り付け可能です。
またフレキシブルなので、位置の調整がしやすく口元に簡単に近づけることができます。

右耳での使用/左耳での使用

約260°回転可能/フレキシブルアーム

軽量で 使いやすい構造

ヘッドセットは、51gと軽く、長さ調整可能なヘッドバンドと柔らかい イヤーパッドで耳への負担を抑え、長時間の使用が可能です。
片側スピーカーなので、装着中でも周囲の声や音を聞き取ることができます。

単一指向性マイク搭載

周りのノイズを軽減し、自分の声をはっきり
相手に伝えることができる単一指向性マイクです。

耳への負担を軽減

直径4.5cm、厚さ1.7cmの柔らかく厚みのあるイヤーパッドです。

微調整可能なヘッドバンド

使う人に合わせてヘッドバンドは、36~39cmと調整可能です。

耳元で簡単コントロール

耳元で音量調整、通話・終話が可能です。
わざわざパソコン操作をしなくても使用可能。

連続音楽約10時間

音楽も聞ける/2台の機器を 同時接続できる

また音楽プロファイルも対応し、スマートフォンなどと 接続して音楽を聞くことも可能です。

マルチペアリング対応で、2台どちらかの機器に
着信があっても1台のヘッドセットで受け取ることができます。

SPEC ヘッドセット 重量約51g

SPEC ヘッドセット+クレードル

SPEC クレードル 充電用USBケーブル 重量約242g

関連キーワード

商品の特長・仕様

特長

●周囲のノイズを拾いにくい単一指向性マイク搭載のヘッドセットです。
●フレキシブルマイク搭載でマイク位置を自分のお好みの位置に調整できます。
●クレードル付きで、使わない時はクレードルに置いて充電することができます。
●やわらかいイヤースポンジで耳への負担を軽減します。
●片耳タイプなので装着していても周りの音が聞こえないという心配がありません。

仕様

■適合規格:Bluetooth5.0(Class2)
■伝送方式:FHSS
■周波数範囲:2.402~2.480GHz
■通信距離:約10m
■再生周波数帯域:20~20,000Hz
■電源:内蔵型リチウムポリマーバッテリー
充電時間/約2時間
連続再生最大時間/約10時間
連続通話最大時間/約11時間
連続待受最大時間/約200時間
■対応プロファイル:HSP、HFP、A2DP、AVRCP
■対応コーデック:SBC
■マルチポイント:対応
■サイズ:
ヘッドセット/約W163×D48×H142mm
充電クレードル/約W79×D73×H31mm
■重量:
ヘッドセット/約51g
充電クレードル/約242g
■ドライバーユニットサイズ:直径23mm
■マイク感度:-50dB±3dB
■マイク指向性:単一指向性

■メーカー保証期間:6ヶ月
充電クレードル付きBluetoothヘッドセット(片耳タイプ)取扱説明書 MM-BTMH57BK Ver1

<対応>
■対応機種:Bluetooth対応のスマートフォン・携帯電話・パソコン
※HSP/HFP(ハンズフリー通話機能)に対応していること。
※音楽やワンセグ再生の場合は、A2DP(音楽再生)に対応していること。
※パソコンがBluetoothに対応していない場合はBluetoothUSBアダプタをお使いください。
※Bluetooth Ver4.2/4.1/4.0/3.0/2.1/2.0/1.2対応機器との接続も可能です。
※class1の機器との接続も可能です。

お客様満足度

0.0 (0件)

回答者数0人

  • 5★★★★★0人
  • 星4つ★★★★☆0人
  • 星3つ★★★☆☆0人
  • 星2つ★★☆☆☆0人
  • 1★☆☆☆☆0人

商品のレビューを書く

まだユーザーレビューはありません
感想を投稿してポイントもゲットしよう

よくある質問(Q&A)

ご購入の際に気になることはございますか?
実際にお問合せの多かった質問や疑問をご案内します。

  • Qヘッドセットから雑音が聞こえます。

    A通信範囲を超えたり、壁や人間の身体(接触した状態)などを挟むと雑音が入ります。

  • Q電話とヘッドセットの接続が途切れた場合、再接続する必要がありますか。

    A電話の機種によって異なります。自動的に再接続する機種と、そうでない機種があります。

  • Qヘッドセットとデバイスの通信距離はどのくらいですか。

    A10mまでです。間にコンクリート壁などの障害物があると、通信距離は短くなります。

  • Qヘッドセットの音が聞こえません。また、音声入力ができません。(パソコンの場合)

    A下記方法をお試しください。
    1.「スタート」→「コントロールパネル」→「サウンドとオーディオデバイス」を開きます。
    2.「オーディオ」タブを選択し、「音の再生」「録音」のデバイスがBluetoothデバイスになっていることを確認してください。
    3.「音声」タブを選択し、「音の再生」「録音」のデバイスがBluetoothデバイスになっていることを確認してください。

  • Q使うたびにペアリング作業をする必要がありますか。

    Aいいえ。基本的には初回だけです。
    電源を切っても、ペアリングの設定は残りますが機器によっては再度ペアリングが必要な場合もございます。

  • Q他のBluetooth使用者によって通信内容を傍受されますか。

    A通信内容を傍受されることはありません。
    ペアリングによって通信が保護されます。

  • Q音楽がFMラジオのように低い音質で再生されます。

    AHSP(Head Set Profile)を介して接続されている可能性があります。
    下記2点をご確認下さい。

    1.お使いのBluetooth機器がA2DP(Advanced Audio Distribution Profile)をサポートしているか。
    2.A2DPを介して接続されているか。

  • QWindows8、Bluetooth内蔵パソコンでのペアリング、接続の仕方がわからない。

    A■1
    マウスカーソルを画面右上か右下にもって行き1秒くらいすると「チャーム」と呼ばれるサブメニューが出ます。
    チャーム内にある「検索」を選択します。(タッチパネルのものでマウスがない場合は、画面右端の黒枠から内側へ指をスワイプさせると出ます)

    ■2
    「検索」を押すと「アプリ一覧」が出ます。
    その中からコントロールパネルを選択します。




    ■3
    コントロールパネル内にある「ハードウェアとサウンド」→「デバイスの追加」を選択します。



    ■4
    接続されているデバイスや、検出可能なデバイスが出てきますので、ペアリングしたいBluetooth機器をペアリングモードにして検出させ、選択します。



    ■5
    デバイスのインストールとペアリング、接続がスタートし、しばらく待てば完了します。
    *Bluetooth2.0以前の機器の場合、パスキー入力がある可能性があります。
    *キーボードペアリング時はパスキーの入力が必要です。