激安通販サイトのイーサプライ本店

イーサプライ本店 - esupply.co.jp

ZoomやMicrosoft Teamsなどで使用可能な、ノイズキャンセリング機能搭載の両耳タイプのヘッドセット。充電しながらの使用も可能。充電クレードル付き。

ヘッドセット(Bluetooth・両耳タイプ・ノイズキャンセリング機能付き・ブラック)

ノイズキャンセル機能搭載でクリアな通話が可能。充電クレードル付きヘッドセット。両耳タイプ。

商品型番:MM-BTSH55BK

希望小売価格 : ¥33,000(税込) 36% off

¥20,880(税込)

法人会員価格:¥20,044(税込)

イーサプライ本店 会員様特典保証期間 +6ヶ月

イーサプライ 安心延長保証は一部商品を除き、メーカー保証期間から更にプラス6か月間を保証させて頂くサービスです。 延長保証サービスの料金は表示価格に含まれていますので、追加料金を頂く事はございません。
通常のご使用状態で故障した場合、修理料金を気にせず無料修理サービスをご利用頂けます。 ※会員様限定サービス 詳細はこちら >

  • 在庫状況:在庫あり
  • ポイント: 208ポイント
●長時間つけても疲れにくい、柔らかいイヤーパッド付きの両耳ヘッドセットです。
●両耳タイプで通話やWEB会議などに集中することができます。
●ノイズキャンセリング機能搭載で周囲の騒音を低減し、自分の声をきれいに相手に伝えることができます。
●外付けマイクを使用することでマイクを口元に近づけるこ...
詳細をもっと見る

カゴに入れる

見積書を発行する

お見積書発行

※複数品目の見積書発行をご希望の場合は、商品をすべてカゴに入れた状態で
「見積書を発行する」ボタンを押してください。

▼会員の方はこちらへ

※会員様か否かで見積金額が異なる場合がございます

▼非会員の方はこちらへ

お見積書の宛先をご記入ください

 様

お気に入りに追加

関連カテゴリを見る

おすすめの特集

ヘッドセット(Bluetooth・両耳タイプ・ノイズキャンセリング機能付き・ブラック) MM-BTSH55BK

自分の声をきれいに伝える Bluetooth両耳ヘッドセット

周囲の音を軽減 ノイズキャンセル機能搭載

MM-BTSH55BKの画像

ヘッドセットのこんなお悩み 本製品で解決できる

自分の声をクリアに伝えられる 自由に動きながら話せる

立てて充電できる 耳が痛くなりにくい

ノイズキャンセル機能で声をクリアに伝える

周囲のノイズを低減して自分の声をきれいに相手に伝える
ことができるノイズキャンセル機能を搭載しています。

動画で性能をチェック

通話中も自由に動けるワイヤレスタイプ

受話器と違って両手が空くのでパソコン操作もスムーズに。通話中にデスクから離れても会話をそのまま続けることができます。

動画で使い方をチェック

立てて設置できる充電クレードル

充電クレードル付きで使わない時はクレードルに置いておくことができます。立てることでデスクの上で邪魔になりません。

2WAY充電 クレードルで充電 microUSBケーブルで充電

充電クレードルでの充電と付属のmicroUSBケーブルによる充電と
2つの方法で充電が可能です。

耳が痛くなりにくい

長時間つけても疲れにくい、柔らかいイヤーパッドとヘッドバンドです。
両耳タイプなので通話やWeb会議などに集中することができます。

MM-BTSH55BKの画像

一般的なヘッドバンド 本製品のヘッドバンド

マイクは右でも左でも使用可能

左右対称形状で、マイク部分も約120°回転するため、左右を入れ替えて装着しても違和感がありません。

左側 右側

左右対称形状 耳当て部分の可動 マイクの回転

低遅延&高音質コーデック対応 動画視聴にもおすすめ

テレビや再生機器との音ズレの心配がありません。

マイクを取り外してヘッドホンとして使える

テレビの映像とスピーカーの音がズレて聞こえる「遅延」にはBluetoothの「コーデック(音声圧縮方式)」が関係しています。

本製品は、低遅延・高音質コーデックに対応

特長 マイクミュート機能付き ヘッドバンドは長さ調整可

マイクを一時的に停止し、こちら側の音声を相手に聞こえなくするミュート機能付きです。

ヘッドバンドは伸縮するので、頭にぴったり合った長さに調整できます。


有線ヘッドホンとしても使える 持ち運びにも便利なケース付き

付属のオーディオケーブルを接続して、スマートフォンやオーディオ機器の音楽を聴くことができます。

※3.5mm 4極ミニプラグのケーブルには対応していません。

※通話には対応しておりません。

ヘッドセットと、充電ケーブルなどを収納できます。


SPEC ヘッドセット

クレードル 外付けマイク

付属品

Bluetooth仕様 その他仕様

各種Web会議ツールでご使用いただけます

Zoom、Microsoft Teams、Google Meet、Cisco Webex Meetings、Skypeなど各種Web会議ツールでご使用いただけます。

ZoomMicrosoft TeamsCisco Webex MeetingsCisco Webex MeetingsSkype

関連キーワード

商品の特長・仕様

特長

●長時間つけても疲れにくい、柔らかいイヤーパッド付きの両耳ヘッドセットです。
●両耳タイプで通話やWEB会議などに集中することができます。
●ノイズキャンセリング機能搭載で周囲の騒音を低減し、自分の声をきれいに相手に伝えることができます。
●外付けマイクを使用することでマイクを口元に近づけることができて、通話が安定します。
●充電クレードル付きで使わない時はクレードルに置いておくことができます。
●充電しながらの使用が可能です。
●マイクミュート機能付きです。
●microUSBによる充電と充電クレードルの2つの方法で充電が可能です。
●apt-X LL、HDのコーデックに対応し、音楽再生用のヘッドホンとしても使用可能です。
●付属のケーブルを使えば有線のヘッドホンとして使用可能です。

仕様

■適合規格:Bluetooth Ver.5.0(Class2)
■伝送方式:GFSK
■周波数範囲:2.402~2.480GHz
■通信距離:約10m
■マイク感度:-42±2dB(0dB=1V/ubar、at 1kHz)
■マイク指向性:無(全)指向性(ノイズキャンセリング機能搭載)
■再生周波数帯域:20~20,000Hz
■電源:内蔵型リチウムポリマーバッテリー
充電時間/約1.5時間
連続再生最大時間/約15時間
連続通話最大時間/約10時間
連続待受最大時間/約100時間
■対応プロファイル:HSP、HFP、A2DP、AVRCP
■対応コーデック:SBC、apt-X、apt-X LowLatency、apt-X HD、Faststream
■マルチポイント:対応
■サイズ:約W190×D38×H160mm
■重量:約158g(ヘッドセット本体のみ)
■セット内容:本体、充電用microUSBケーブル、オーディオケーブル、充電クレードル、収納ポーチ

■メーカー保証期間:6ヶ月
Bluetoothヘッドセット(両耳タイプ・ノイズキャンセリング機能付き)取扱説明書 MM-BTSH55BK Ver1.2

<対応>
■対応機種:Bluetooth対応のスマートフォン・携帯電話・パソコン
※HSP/HFP(ハンズフリー通話機能)に対応していること。
※音楽やワンセグ再生の場合は、A2DP(音楽再生)に対応していること。
※パソコンがBluetoothに対応していない場合はBluetoothUSBアダプタをお使いください。
※Bluetooth Ver5.0/4.2/4.1/4.0/3.0/2.1/2.0/1.2対応機器との接続も可能です。
※class1の機器との接続も可能です。

■対応WEB会議ソフト一例
Zoom、Microsoft Teams、Google Meet、Cisco Webex Meetings、Skypeなど

お客様満足度

0.0 (0件)

回答者数0人

  • 5★★★★★0人
  • 星4つ★★★★☆0人
  • 星3つ★★★☆☆0人
  • 星2つ★★☆☆☆0人
  • 1★☆☆☆☆0人

商品のレビューを書く

まだユーザーレビューはありません
感想を投稿してポイントもゲットしよう

よくある質問(Q&A)

ご購入の際に気になることはございますか?
実際にお問合せの多かった質問や疑問をご案内します。

  • Q接続やペアリングが突然できなくなりました。

    Aヘッドセットと機器の電源を両方とも一度切ってから、再度ペアリング・接続を行ってください。

  • Qヘッドセットから雑音が聞こえます。

    A通信範囲を超えたり、壁や人間の身体(接触した状態)などを挟むと雑音が入ります。

  • Q電話とヘッドセットの接続が途切れた場合、再接続する必要がありますか。

    A電話の機種によって異なります。自動的に再接続する機種と、そうでない機種があります。

  • Qヘッドセットとデバイスの通信距離はどのくらいですか。

    A10mまでです。間にコンクリート壁などの障害物があると、通信距離は短くなります。

  • Qヘッドセットの音が聞こえません。また、音声入力ができません。(パソコンの場合)

    A下記方法をお試しください。
    1.「スタート」→「コントロールパネル」→「サウンドとオーディオデバイス」を開きます。
    2.「オーディオ」タブを選択し、「音の再生」「録音」のデバイスがBluetoothデバイスになっていることを確認してください。
    3.「音声」タブを選択し、「音の再生」「録音」のデバイスがBluetoothデバイスになっていることを確認してください。

  • Q使うたびにペアリング作業をする必要がありますか。

    Aいいえ。基本的には初回だけです。
    電源を切っても、ペアリングの設定は残りますが機器によっては再度ペアリングが必要な場合もございます。

  • Q他のBluetooth使用者によって通信内容を傍受されますか。

    A通信内容を傍受されることはありません。
    ペアリングによって通信が保護されます。

  • Q音楽がFMラジオのように低い音質で再生されます。

    AHSP(Head Set Profile)を介して接続されている可能性があります。
    下記2点をご確認下さい。

    1.お使いのBluetooth機器がA2DP(Advanced Audio Distribution Profile)をサポートしているか。
    2.A2DPを介して接続されているか。

  • QWindows8、Bluetooth内蔵パソコンでのペアリング、接続の仕方がわからない。

    A■1
    マウスカーソルを画面右上か右下にもって行き1秒くらいすると「チャーム」と呼ばれるサブメニューが出ます。
    チャーム内にある「検索」を選択します。(タッチパネルのものでマウスがない場合は、画面右端の黒枠から内側へ指をスワイプさせると出ます)

    ■2
    「検索」を押すと「アプリ一覧」が出ます。
    その中からコントロールパネルを選択します。




    ■3
    コントロールパネル内にある「ハードウェアとサウンド」→「デバイスの追加」を選択します。



    ■4
    接続されているデバイスや、検出可能なデバイスが出てきますので、ペアリングしたいBluetooth機器をペアリングモードにして検出させ、選択します。



    ■5
    デバイスのインストールとペアリング、接続がスタートし、しばらく待てば完了します。
    *Bluetooth2.0以前の機器の場合、パスキー入力がある可能性があります。
    *キーボードペアリング時はパスキーの入力が必要です。

  • Q通話中に途切れます。

    Aパソコン、スマートフォンの通信が安定しているかを確認をしてください。通信が不安定な場合、声が途切れてしまうことがあります。